『改訂版・初心者のためのライア教則本』 ~ライアへの道~

クリックで画像を表示

音楽療法や、演奏用の楽器として使われてきた『ライア』の弾き方や意識の持ち方などを独学で学べる教則本。

■『改訂版・初心者のためのライア教則本』 ~ライアへの道~

ゲルハルト・バイルハルツ著/井手芳弘 編訳
Copyright 2020/A4判変形 64p/ISBN978-4-7565-0149-3/定価(2,500円+税)


紹介

アニメ『千と千尋の神隠し』の映画で一躍その存在が知られるようになった『ライア』という楽器。この教則本では、音楽療法や演奏用の楽器として使われてきた『ライア』の弾き方や意識の持ち方などが独学で学べます。ここに書かれた練習は、空間の中での自分の動きの認識から始まり、この楽器を弾くときの姿勢や動き、それぞれの音の形づくりかた 、そしてメロディの演奏にまで至ります。

目次

はじめに
練習の際に気をつけること
楽器を弾く前に 
空間の中で自分の姿勢をとらえライアを正しく持つための練習(練習1~2)
楽器を使った基礎練習(練習3~8)
音、および音の組み合わせ(練習9~13)
注意事項1
練習曲(練習14~19)
注意事項2
練習曲(練習20~57)
おわりに 
ライアの音域
付記 
ライアの種類と音域
音符の表記
指使い
ライアの取り扱いについて
調弦
更に上達するための曲集
初心者におすすめの曲集
更に上達するための教則本
関連する住所

前書きなど

この楽器は長い間、ほとんどアントロポゾフィーに基づく治癒教育の中だけで弾かれてきました。そのため、ライアは今日も教育と音楽療法の分野で主に使われています。時々コンサートでも演奏され、静寂な雰囲気の中で楽しまれています。ライアの特徴である繊細で長い余韻は聴覚を敏感にさせ、聴く人が音のニュアンスを生きいき豊かに聞き分けられるように促します。そのことから、ライアは教育と音楽療法の分野のみならず、演奏を通して音楽のエレメントに近づこうとする人達に大切にされてきました。

ライア演奏のために考え出された、身体の動きを集中して練習するこの教授法は、周りからの刺激によって不安定にさせられ 、麻痺させられている私たちの内なる音楽的なものを動かし、閉ざされている音楽への道を開くことができます。

版元から一言

ライアという楽器は、まだ日本ではあまり馴染みがない楽器ですが、宮崎駿監督のアニメ『千と千尋の神隠し』の映画で一躍その存在が知られるようになりました。

ドイツではライアはすでに八〇年ほどの歴史があり、主に療法用の楽器 として使われてきました。もちろん演奏用の楽器としても使われ、 コンサートも開かれています。そのやさしい音色にファンも多く、 ライアの愛好者も増えています。 近年、日本でも多くの方がライアに興味を持たれ、ライア人口も増えて います。

ライアに関する様々な情報も掲載されており、ライアってどんなものかな? と思われる方も一度目を通されると全貌がつかめるでしょう。

ぜひ一度この本をお手に取ってご覧になってください。

著者プロフィール
ゲルハルト・バイルハルツ  (ゲルハルト バイルハルツ)  (

1953年バイヤースブロン(シュヴァルツヴァルト)に生まれる。
ライアー指導者、音楽教育家。
音楽学、民俗学、心理学を学んだ後、自由音楽学校にて芸術教育学、療法学を学ぶ。
1979-1990年ヘプシスアウのミヒャエルスホーフの音楽家として活動。
その後ゲッピンゲンのシュタイナー学校で音楽を教えながら種々の養成所や国外のゼミナールで指導に当たる。

井手芳弘  (イデヨシヒロ)  (編訳

1956年佐賀県唐津市に生まれる。
シュタイナー教育実践家、ゲーテ的自然科学研究家、玩具店ペロルオーナー。
佐賀大学教育学部卒業後、中学校教員3年間勤務の後ドイツに留学。
シュタイナー学校教員養成所にてクラス担任コース及び理科教員の養成コースを終了。
福岡、東京などで子どもや大人のシュタイナー教育の講師、シュタイナー学園の講師を務める。店の経営のかたわら、木工玩具、家具、楽器などの製作、ドイツ語の翻訳通訳なども手がける。

  • 価格:2,750円
  • 在庫あり
  • 注文数: